愛知県に住むシニア層(65~69歳)の購買・ブランドの志向性は?

加藤 高伸

愛知県のシニアは、買物好き?!

●愛知県のシニア層(65歳~69歳)は、他の東京都・大阪府、および全国平均と比べて、買物に対してはポジィティブで潜在的な意欲は強いようです。ただし、これはあくまでも志向性であり、実際の消費支出額とは別の話です。[図1]

愛知県の人は、購買について”堅実”と言われることが多いが、実際は?

●購買の志向性のひとつ、選択価値に関する設問です。結論としては、愛知県のシニア層は「丈夫で長持ちするモノを選ぶことが多い」という回答の率が他地区より高く、やはり“堅実な購買”をされる傾向が強いようです。[図2]

愛知県の人は、購買に関して、周りの人の影響を受けやすいか?

●この設問も購買志向に関するものです。周りの人の購買に影響されるか、という問いであり、「No」という否定的な回答の率で表示されています。愛知県は他地区に比べると、「周りに影響されない(欲しくなってしまうことはない)」という率が若干高くなっています。言い換えれば、「あまり影響されない」という傾向が他地区よりやや強いようです。これも“堅実”な購買とつながるものがあります。[図3]

ブランドやメーカーに“こだわり”が強いのは、どの地区か?

●この設問も前問と同様、「No」という否定的な回答の率で表示されています。結局のところ、「ブランドやメーカーにこだわりを持っていない率」を表わしています。最も“こだわり”が強いのは大阪府、次いで東京都。愛知県は全国平均も超えて“こだわり”が弱いという結果が出ています。これも、前述の愛知県の方の“堅実な”または”実用的な”購買志向とつながるデータと考えられます。[図4]