愛知県の「戸建・持家(注文住宅)」着工戸数は、全国でNo.1。

加藤 高伸

さらに愛知県は、過去14年間、連続してNo.1のポジションを維持。

【全国の「持家」着工戸数の動向】  ※国土交通省「建築着工統計」より

■昨年の「持家」(注文住宅)の着工戸数をみると、愛知県は19,000戸台で全国No.1のポジションにあります。

■2位以下は首都圏が多く、東京都・埼玉県・神奈川県が続きます。

■また、愛知県のNo.1は昨年だけでなく、平成14年以降、14年間連続して維持しており、今後もしばらく続くものと予測されます。ただし、全国的な人口減少の影響もあり、全体として着工戸数は減少傾向にあります。

■愛知県は「ものづくり王国」と呼ばれるように、製造業が盛んであり、製造品出荷額と従業者数でも全国No.1 (工業統計調査・経済センサス活動調査より)のポジションにあります。持家着工戸数が多いのは、戸建用地が十分あることも要因のひとつですが、少なからずこうした活発な産業動向も関連していると考えられます。いずれにしろ産業・経済活動においてポテンシャルの高い県と位置づけられます。

参考 : 愛知県の「分譲戸建(建売)」は全国でNo.6の位置。

【全国の「分譲戸建」着工戸数の動向】  ※国土交通省「建築着工統計」より

■参考までに「分譲戸建」(建売)の着工戸数をみると、愛知県は9,600戸と「持家」の約半分であり、全国の中では第6位に位置します。

■全国的には、No.1は東京都、次いで神奈川・埼玉と続きます。さらに次の大 阪・千葉は10,000戸前後であり、愛知県の着工戸数とかなり近いところにあります。

■戸建市場において、愛知県は「持家」「分譲戸建」の両方において全国の中で上位に位置しています。