1000世帯あたりの幼稚園児数で愛知県No.1はみよし市。園児数の過去10年の増加率No.1は常滑市。

加藤 高伸

●1000世帯あたりの幼稚園の園児数ランキングでは、各地区とも人数の減少が見られる。また、平成16年と26年のランキングを比較すると、上位地区では大きな変化はない。

●平成26年の増加率No.1は、みよし市であり、次いで大治町・幸田町・豊明市・豊山町が続く。上位地区は、名古屋市および西三河の近郊部や郊外部に比較的多い。ちなみに、平成16年の増加率でもみよし市はNo.1となっており、継続して幼稚園児を含む世帯が多い地区となっている。

●園児数の10年間の増減率で、増加率No.1は常滑市で、124%の増加。パイは小さいとはいえ突出している。次いで大府市・田原市・大口町・西尾市が20%以上の増加、これらを含め17の市町村が増加で、他は減少。大半が減少となっている。

 

★上記以外に「小学生児童数」「中学生生徒数」についての同データと、名古屋市の区別データも用意しております。ご希望の方は、以下にご記入の上、ダウンロードをしてください。

資料ダウンロード

資料をご希望の方は下記フォームをご記入ください。 ご記入のメールアドレスにダウンロードリンクが送信されます。

会社名
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
個人情報の保護について(必須)