シングル男性の情報意識は?

細渕 卓己

名古屋男性は、共有よりも口伝?

・東京23区と名古屋市に在住のシングル男性に、情報についてあてはまるものをまとめたものがこちらの資料となります。

・「根拠のない噂は信じない」や、「情報に左右されたくない」という点は、共通していますが、3位以降のランキングではやや違いが見られます。

・東京23区の場合、「特定分野の知識や情報が豊富」が3位になっていますが、名古屋市は7位で、スコアにおいても約10ポイント低くなっております。東京23区の方が、やや専門的なものを有している自身のある方が多いということが伺えます。

・反面、名古屋市は「面白い情報は周りに話したくなる」が3位に入っておりますが、「良いと思った情報は共有する」が9位で、東京23区よりもスコアが低くなっており、電子端末などでの情報共有というより、実際に会って話すケースが多いことが伺えます。

ビジネスの東京、技術の名古屋。

・正確な情報として知りたいものは、政治や経済、天気といったところは共通していますが、「貯蓄・金融サービス」という点においては、名古屋市の方が順位が上で、スコアも約10ポイント高くなっています。

・名古屋特有の保守的な傾向からか、お金に関することに関しては、固いという意識が伺えます。

・東京23区の場合、「新製品・新商品情報」や「企業情報」が10位以内にランキングされています。名古屋市に比べて、、マーケットサイズが大きい為か、ビジネスに関する情報は意識が高いようです。

・反面、名古屋市はモノづくりの土壌からか、「科学・技術」が10位以内に入っています。

旅行や車の情報が欠かせない名古屋。

・自分にとってなくてはならない情報は、上位4位までの傾向は似ておりますが、5位以下ではやや差が見られます。

・東京23区では、「経済動向」や「政治動向」がランキングに入っていますが、名古屋市は10位以内に入っておりません。

・反面、「旅行・レジャー」や「自動車」は名古屋市ではランキングに入っておりますが、東京23区では入っておりません。

・どちらかというと、ビジネスに派生する情報に対しての意識が強い東京23区に対して、名古屋市は余暇に関するものが中心に挙げられている傾向が伺えます。

・最後に普段読む、新聞記事のジャンルをまとめたものを見ると、かなりの差が見られます。

・東京23区で上位にある「国際記事(ニュース)」や「国内経済」が、名古屋市では8位、9位となっています。

・反面、名古屋市は4位に「地域・地元の社会・事件」、7位に「地域・地元の政治」が入っており、東京23区はグローバル視点、名古屋市はややミクロ的な視点の情報が求められている傾向が伺えます。

 

10位以下のランキングをご覧になられたい方は、以下よりダウンロードをお願い致します。

資料ダウンロード

資料をご希望の方は下記フォームをご記入ください。 ご記入のメールアドレスにダウンロードリンクが送信されます。

会社名
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
個人情報の保護について(必須)