結婚・離婚・再婚の状況 / 晩婚化と離婚率の上昇が続いている。

加藤 高伸

全国的に夫・妻とも晩婚化が進んでいる。近年は傾向や緩やかだが、傾向は続いている。愛知県も同様の傾向。

●夫も妻も同様に右肩上がりの線を描いており、晩婚化が進んでおり、全国平均で夫は31.1歳、妻は29.4歳と両者ともほぼ30歳。

●1950年からの推移をみると、1975年からと、2000年から上昇率が高くなっている。

●愛知県は夫・妻とも全国平均よりやや低い年齢となっている。

離婚率は、夫・妻とも年々上昇。特に20代・30代の離婚率が高い。

●1990年以降、上昇率が一段と高くなっている。特に高いのは25~35歳で、7~10%の率。

婚姻率・離婚率を都道府県別でみると、どちらも東京都・神奈川県・沖縄県等が高い。

●婚姻率が高い地区は、おおよそ離婚率も高い傾向にある。

●両方高いのは3大都市圏と愛知県など、いわゆる都心とその周辺に多い傾向がある。

●全国平均で婚姻率・離婚率を見ると、どちらも下降傾向が見られる。

夫・妻とも初婚という組み合わせが大多数。夫・再婚は夫・初婚の約5分の1。

●夫が初婚の場合、妻も初婚は90%強、妻が再婚は10%弱。

●夫が再婚の場合、妻は初婚・再婚がそれぞれ約50%という比率。

再婚率は基本的には上昇を続けている。

●過去、1989年~1993年、2007年~2010年には再婚率が下がった年があったが、それ以外は上昇。

●夫のほうが再婚率は高く、妻の再婚率との差は2.9ポイント

月別の婚姻届の件数をみると、3月が最多で、次いで11月が続く。最も少ないのは9月。

●全国も愛知県も同じ月が最多・最少。地域に関係なくある程度、傾向は同じと見られる。

 

【ダウンロード用資料のご案内】

上の記事に加えて、「夫・妻/初婚・再婚別/都道府県別年齢(ランキング)」「夫と妻の年齢差の推移」「国際結婚率の推移」「都道府県別の国際結婚率」「夫・妻の元の国籍」等の資料を貼付しています。

ご希望の方は、所定の事項を記載の上、ダウンロードをしてください。

⇓    ⇓   ⇓   ⇓   ⇓    ⇓   ⇓   ⇓     ⇓    ⇓   ⇓   ⇓   ⇓    ⇓   ⇓   ⇓

 

資料ダウンロード

資料をご希望の方は下記フォームをご記入ください。 ご記入のメールアドレスにダウンロードリンクが送信されます。

会社名
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
個人情報の保護について(必須)