東海3県 2017年 戸建市場のまとめ

加藤 高伸

持家(注文住宅)では愛知県は、昨年も全国でNo.1 。 上位10地区中、8地区が前年比マイナス。愛知県も5.5%減少。

●着工戸数の持家(注文住宅)では愛知県は、昨年も全国でNo.1 。上位10地区中、8地区が前年比マイナス。愛知県も5.5%減少。

愛知県は持家について、2002年以降、連続16年間、No.1。 愛知県は他に一定の差をつけながら推移。ただし昨年は減少。

分譲戸建(建売)では、愛知県は、変わらず4位をキープ。 持家とは逆に10地区中、7地区がプラス。愛知県は約9%増加。

東海3県の分譲戸建の戸数は、全体では一昨年より増加。 価格・面積はトータルでは減少。特に建物は大半が減少。

東海3県の宅地分譲の供給は、全体では一昨年より減少。 価格・坪単価はトータルでは上昇。土地面積は大半が減少。

★マンションや貸家や、地区別データを含む【まとめレポート】は、以下からダウンロードしてください★

資料ダウンロード

資料をご希望の方は下記フォームをご記入ください。 ご記入のメールアドレスにダウンロードリンクが送信されます。

会社名
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
個人情報の保護について(必須)

「戸建通信」の購読希望の方はこちらへ

東海3県の主要企業の戸建・土地の動向をまとめた「戸建通信」をご希望の方は下記フォームをご記入ください。
折り返し、担当者からメールさせていただきます。

会社名
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
希望 (必須)
個人情報の保護について(必須)