愛知県は「モノづくり」No.1~製造品出荷額等が連続40年間、第1位!

加藤 高伸

愛知県は自動車(輸送用機械器具)を筆頭に「モノづくり」に強い県。

愛知県の産業構造の特長は、古くから製造業に占める比率が高いことで知られており、特に業種別でいえば車に代表される「輸送用機械器具」が全国シェア38.9%で圧倒的に高い等、目を見張るものがあります。これだけでもモノづくり産業が盛んであることがわかります。

総合的なデータは、工業統計における「製造品出荷額等総額」であり、愛知県は全国で14.9%のシェアを占めています。

※以下のデータは「平成29年工業統計速報」(経済産業省)の<従業員4人以上の事業所>のデータと、愛知県が作成している「あいちの産業と労働Q&A 2018」を参考にしています。

愛知県の「製造品出荷額等総額」が連続40年間、全国第1位!

昭和52年(1977年)から40年連続で「製造品出荷額総額」がNo.1。最新データは「平成29年工業統計速報」。

日本の主要産業が時代とともに繊維、製鉄、自動車と変遷する中、愛知県は常に「モノづくり」に関して時代をリードしてきており、工業界のリーダーであり続けています。

全産業に占める製造業の割合は、全国平均(平成27年度)では20.7%ですが、愛知県は38.0%と非常に高い割合を占めています。

また工業の業種別で見た場合、愛知県が全国シェア1位というものが全11業種もあります。自動車以外でも多くの分野で産業が集積している証拠と言えるデータです。  ⇒  これらのデータは、最後のコーナーで必要事項を記載していただければ、ダウンロードできます。

従業員1人あたりの製造品出荷額を算出すると、愛知県は1位ではなく4位です。ただし、上位にありますので、愛知県の製造業も効率的なほうであると想定されます。また、事業所数では、大阪府が小規模な企業も多いためか1位であり、愛知県は2位に位置します。

愛知の「モノづくり」の歴史は織田信長の時代から。

産業の歴史をひも解いていくと、安土桃山時代に織田信長が全国から職人を集めて技を競わせ、「天下一」とよばれる称号を与えたことから、職人が集い、技術が愛知に伝えられました。その後「天下一」の命名が豊臣秀吉、徳川家康へと引き継がれ、愛知県にモノづくりの技術が根付き、これらの技術は時と共に変化し、愛知県の産業の特色となっています。以下に現代に至る産業の変化・進化の推移が描かれています。

今後も期待される愛知の「モノづくり」。

愛知県の産業の将来展望を考えた場合、自動車以外で期待されるのは「航空宇宙産業」や「ロボット産業です。

航空宇宙産業では「アジアNo.1産業クラスター形成特区」の指定を受けており、国産ジェット旅客機の設計・開発の拠点をはじめ、航空宇宙関連のメーカーが集積しています。中部5県合計の統計データとなるが、航空機・部品生産額の全国シェアは52.1%と高い水準になっています。

また、ロボット産業についても、愛知県は全国シェアNo.1であり、21.7%を占めています。

愛知県は、今後も将来にわたり、「モノづくり」の重要なポジションを担う県として発展していくと考えられます。

愛知県の産業の将来指針・・「あいち産業労働ビジョン 2016~2020」(2015年発表)

今後の愛知県の方向性を示す「ビジョン」が2015年に愛知県から発表されています。

総括したキャッチフレーズは『「産業力・人財力・地域力を「高め」「支え」「つなぐ」、活力と持続力ある日本一の「産業首都あいち」づくり』となっています。

主な特徴は、●現場の声を重、●中小・小規模企業施策を充実、●女性の活躍促進、●サービス産業支援を強化、●次世代産業の更なる振興、●産業人材育成・強化、●事業評価を強化して、事業の効率的進行を実現などとなっています。

詳しくは次をご覧ください。http://www.pref.aichi.jp/soshiki/sanro-seisaku/bijyon271228.html

従来からモノづくりに強い県というポジションですが、さらにその競争力を磨き上げるとともに、ものづくりに関連したサービス産業などを中心に第3次産業の振興を図ることで、「産業力」をより強化する方向性を打ち出しています。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

愛知県の工業で、全国シェア1位が全11業種あります。以下で、必要事項をご記入いただければ、それらの資料をダウンロードできます。ご興味のある方は是非ご覧ください。

資料ダウンロード

資料をご希望の方は下記フォームをご記入ください。 ご記入のメールアドレスにダウンロードリンクが送信されます。

会社名
お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
個人情報の保護について(必須)